前へ
次へ

フルーツを食べる時に意識したい事とは

フルーツは料理を楽しんだ後にしょっぱくなった口の中を甘くしてくれる魅力がありますが、料理の後にフルーツを食べると栄養分の効果を得られないリスクが存在します。色々な料理が体内に入った後は数時間程度をかけて腸に達する事になりますが、フルーツは通常の料理よりもスピーディーに腸に到達する特徴があります。料理の後にフルーツを摂取してしまえば、前の料理に邪魔をされてしまうので、他の料理と一緒に胃の中に留まってしまう事になります。フルーツには多くの酵素が含まれているので、胃の中で発酵が開始されてしまい、折角の栄養分が得られないです。しかも発酵により、糖の腐敗を引き起こしながら、他の料理等とまとまった状態で腸にいくので、体内の悪玉菌が増えてしまいます。更にフルーツには胃酸を中和する効果もあるので、食べた料理の消化が悪くなってしまう可能性も考えられます。その為美味しいフルーツは単独で摂取した方が良く、朝食等にフルーツだけを摂取すると、エネルギーにすぐ変換されるので、非常に効率的です。

Page Top