前へ
次へ

廃棄ロス食品の行方の規制ありかた

商売などで食品を扱う場合に現代社会で問題視されている1つが食品ロス問題です。せっかく作って売っても売れ残りが多数発生して、それを廃棄することに社会的批判が高まっています。またこれらのロスは売れ残りなので利益を奪う問題にもなります。ということでこれらの大量のロスを回避するために、行政からの指導圧力の存在が重視されるようになります。そしてその一環として一部の商品は予約受付販売だけにするなどの対応が要求されます。しかし食品ロス問題でクローズアップしなければならないのは、どうしても発生してしまったこれらの廃棄の行方にあります。というのはそれをもったいないということで従業員などの関係者が持ち帰ったりなどした結果、逆にそれが知れて解雇されてしまったり、罰金になったりなどして制裁を受けてしまっている事例が散見されます。この問題をクリアして廃棄自体の量を少しでも削減できるようなルール対策整備が求められますが、会社自身、業界自身の動きが鈍いようならば、やはり行政指導で圧力をかける必要がそこに発生します。

Page Top