前へ
次へ

食品ロスを減らすために出来ること

食料が少なかった昔と比べ、今は余った食品を捨ててしまうことが問題になっています。少しでもロスを少なくするために、日ごろからできることをしていきましょう。まず、基本的なことですが、スーパーに陳列されている商品を後ろから取らないということです。少しでも新しいもの、賞味期限が長いものを後ろから取って行く人が目につきますが、これだと古いものが残ってしまいます。結果として賞味期限が切れ、捨てられてしまいます。少しでも新しいものを買いたいというのが人間の心理ですが、すぐに食べる予定があるなら前から順番に買いたいものです。「自分だけよければいい」という考えは抑え、全体のロスを考えましょう。また、賞味期限が近づいた商品が割引で売られていることもあります。これもすぐに食べる予定があるならすすんで買うのがおすすめです。「なんとなく恥ずかしいから」などと割引商品を避ける人もいますが、購入することでロス削減に協力できます。

Page Top