前へ
次へ

食事の時間を決めておくメリット

栄養指導などでよく、「食事は規則的に取りましょう」などと言われます。人間の体は習慣づけられやすいので、時間を決めておくことでお腹がきちんと空きやすくなります。例えば毎朝6時に朝ご飯の習慣がついていると、仕事や学校が休みの日でもお腹が空いて目が覚める、ということがあります。朝ご飯を抜きがちだったり、時間がバラバラだと、体が混乱してお腹が空いているかいないかわかりにくくなってしまいます。夕飯も同じで、5時ごろ菓子パンで済ませたり9時過ぎに外食などでお腹いっぱいにしてしまうと、体のサイクルが安定しません。できれば夜の8時前までに軽めの夕飯を摂るのが良いでしょう。しかし、夜勤などで普通のサイクルではご飯にできない人もいます。そういう場合は、それなりに規則的にするだけでも効果はあります。要するに自分の体にきちんと空腹を感じさせるのが大事なのです。もちろん普通のサイクルで朝昼晩のご飯を決められる人は、なるべく固定しておきましょう。

Page Top